包茎の種類とは?

包茎には様々な種類があります。
まず、よくあるのは仮性包茎というもので、基本的には皮はかぶっている状況でも皮を動かせば、簡単に剥くことができるような状況のものです。
基本的にこの状況でありますと、手術の必要もないですし、放置していたとしてもまず問題はありません。
その他には真性包茎というものがあい、勃起時でも皮が剥けない状況を指します。
この症状ですと、感染症や炎症などの病気のリスクがありますので巣術が必要になることがあります。
またカントン包茎は普段は亀頭を露出することができるが、勃起時に露出しようとすると、痛みを伴ったり、亀頭が締め付けられるようなことがある包茎です。
重度ですととても危険ですので、手術が必要となります。
包茎手術の料金いくら?安くする方法!【保険適用される包茎の種類とは】