自営業者にとっての住宅ローンのデメリットとは?

自営業の人が住宅ローンを組みづらいのは自営業が持つ独自の特徴にあります。
例えば自営業の人は売上から経費を引いた所得が手取りとなるわけですが、大抵の人が節税のために所得を低く設定している事が多いわけです。
すると銀行側からしてみれば返済能力が無いと見られても仕方がありません。
また一方で諸経費は割と何でも落とせる傾向があるため、所得を操作しやすい特徴が自営業にはあります。
すると銀行側には実態が分かりづらいと映るのが自然なため、住宅ローンのような高額融資の際には審査に落ちてしまう事があるわけです。
こうした点が自営業の人にとっては大きなデメリットとなりますが、所得が多ければ会社員と同じような扱いをされます。
つまり200万円や300万円といった所得があると、住宅ローンを組める可能性が十分あるわけです。
これから自営業を始める人で住宅ローンも組もうとしている人は、自営業のこうしたデメリットやポイントをしっかり把握しておくと良いでしょう。
外国人も住宅ローン審査に通る?年収の条件【永住権と必要書類は?】