ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

ほとんどの方は、ズワイガニなら全体の大きさだけを見て決めていることが多いでしょう。

大きさもさることながら、もっと重要なことを強調したいのです。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという痛い話を聞いたことがあるでしょう。

重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。

通販で買ったかにを食べるとき、注意してほしいのです。

一度にたくさん食べると、大変なことになるかもしれませんよ。

通販で買った毛蟹はとてもおいしく、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、身体が冷えてくるのがわかりました。

変だねと言いながら、まだ食べていたら、しまいには歯の根が合わないくらい震えてしまいました。

おいしいかにには思わぬワナがあります。

たくさん食べると、冷えて体調を崩すことがあります。

どうか、おいしいものは少しずつ食べてくださいね。

蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。

そんなあなたへのお勧めは、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。

新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、いかんせん、捌くのも殻をむくのも大変ですよね。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。

一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に蟹を堪能することができます。

今後はこれで決まりですね!上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても主役級の存在感で、世界有数のブランドがにです。

モズクガニの一種で、中国の他、比較的多くの地域でみられます。

高級食材の割には、何でも食べるので在来生物の脅威となることもしばしばです。

このかにがこれ以上拡散しないように上海ガニが輸入されないように固く禁じている国もあるくらいです。

美味しい蟹を通販で取り寄せたいというとき、最適なのは活き蟹か冷凍か、はたまたポーションかと、お悩みの方もあると思います。

どのタイプの商品がいいかは、考えている食べ方によって変わります。

私は家族で蟹鍋をよくするのですが、鍋に使うなら、茹でて殻を剥いてあるポーションタイプが適しています。

一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。

こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、便利な蟹通販をさらに快適に利用することができるのです。

今時のかに通販は、かにの種類、産地、量など文句のつけようがありません。

かに通販に初めて挑戦する方は実際に見ないで選ぶのは難しく、嬉しい悲鳴をあげるかもしれません。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも迷っている方、必見ですよ。

誰が見ても味、価格が優るかにはどこのランキングでも、必ず上位にあると断言できます。

ネットで「かに通販」を検索すると、比較サイトや特集サイトが私たちを誘っています。

どんな商品でもそうですが、いい通販ショップの選び方がわからない人もあるでしょう。

かにに限らず、良質な商品を手に入れたいそういう方のためにテレビ通販があるのです。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには産地でも有名な業者の品が多く、届いてがっかり、ということはまずありません。

どんな人にも無難な通販です。

連日、ニュースで様々な事件が報じられていますが、気になったのがかにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。

どんなものかというと、まずは電話でアンケートを口実にこちらの好みを探り、通販の話を持ち出してくるのです。

日本人の悪い癖が出て、相手に気を遣い、断りの言葉を言えないでいると、数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みが届いた時には後の祭り、返品を申し出てもクーリングオフはきかないと脅かされ、結局は泣き寝入りする他ないのです。

それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、産地偽装どころかとんでもない安物傷物のかにを送ってくるというのもあり、こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。

通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。

中華料理は数あれど、中でも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、とりわけ揚子江の下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。

そして、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。

蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。

皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。

そのため、蟹をうまく茹でるための方法の知識があるか否かに全てがかかってくるといえます。

さて、そのコツとは、鍋のサイズを妥協しないことです。

大きめの鍋を使い、蟹の全部がまるごとお湯に浸かるようにするのがポイントです。

そうすれば、失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。

参考:浜海道のわけありかに通販どう?実際食べてみました!【年末届く?】

関連ページ